メニュー

comediximg

業務効率向上のために導入したグループウェアが 業務を妨げる一番の要因になってしまっていないだろうか。

グループウェア 多くの医療機関は、多岐にわたる院内業務を円滑に進めるためにグループウェアを導入しています。グループウェアもさまざまありますが、多くは一般企業向けの便利な機能がたくさん用意されたパッケージです。

しかし、医療機関が求める「便利」と、一般企業が求める「便利」には、似ているようで決定的に違う部分がたくさんあるのです。その違いが、グループウェアを導入しているにもかかわらず解決できない困ったこととして残ってしまう原因です。 院内の困りごとを解決するためには、現場や管理者の悩みをよく分析し、貴院に合った適切なツールとその適切な利用方法を模索しなければなりません。

コメディクスはココがちがう!

医療機関の「困った」を解決するために。

医療コンサルティングとして医療機関と長く接していると、たくさんのご相談をいただきます。その内容のほとんどは、医療機関特有のこと。そこで我々は考えました。 「医療機関を知り尽くした我々が、医療機関向けのシステムを作ろう」 医療機関の「困った」を解決するために、長年かけて培ってきた経験と知識を集合させ、医療現場の「あったらいいな」を実現できる、医療現場向けに特化したグループウェア。それが、病院グループウェア「コメディクス」です。

現場の「あったらいいな」を実現します。

グループウェアコメディクスは、多くの医療機関でご利用いただく中でいただいた多様な「困った」を分析。 設備予約や文書管理といった基本機能はもちろん、お知らせ回覧や委員会・ワーキンググループといった医療機関向けならではの機能で、医療機関特有の問題を解決するために必要な機能を数多くご用意しています。 また、病床管理やインシデントレポート、勤怠管理など、更に便利なオプションを追加することで、より強力な医療業務支援ツールになります。 もしもあなたの「困った」が解決されなければすぐにご連絡ください。 必ず解決します。

banner_function2

効果はあるの?コメディクスの導入効果

医療機関向けに特化したものとはいえ、「グループウェアを導入したら本当に効果があるの?」という疑問が多いのも事実です。そこで我々は、導入されたらどんな効果があったのか、コメディクスを実際に導入していただいた医療機関に取材、調査しました。 グループウェアの導入によって業務改善できたという内容を学会発表された医療機関もあり、導入されたユーザー様からは、「コメディクスが無くては業務が回らない」、「ヘビーユーザーです」といったお声を数多くいただいています。

導入後の医療機関様の声